【APEX】グリッチとは?知らない方向けに分かりやすく解説!

ApexLegends
potato
potato

グリッチって何ぞや?美味しいの?

こんにちは!今も昔も変わらずグリッチに関する問題は多いですね。

APEXでも度々グリッチアカウントBAN祭りが開催されているようです。

今回は初心者様の為にグリッチに関して分かりやすく解説すると共に、今安易に手を出そうと思って居る方の抑止策の為記事にして行きたいと思います。

是非参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

グリッチとは?

まずは皆さま気になる「グリッチ」についてです。

速報なんかを見ていると「グリッチ行為多発!」なんてフレーズを良く見る機会もあるのではないでしょうか?

でも実際グリッチとはなんぞや?と思う方も多いことかと思いますので簡単にまとめて置きます。

グリッチとは?

ゲーム内の不具合・バグを意図的に利用し、不正行為を行うことをグリッチと言う。

グリッチを利用することでDDoS攻撃や初心者サーバーに意図的に入ったりすることが可能。

要はグリッチとはゲームのバグを利用している不正行為の事。

ちなみにサーバーに異常な負荷をかけてプレイヤーを鯖落ちさせる行為をDDoS攻撃とも言うので覚えて置きましょう。DDoS攻撃はゲームでなくても日常的に使われている用語となります。

potato
potato

まあ、グリッチを利用する人も悪いけど、そのような環境を作ってしまった運営にも責任があるよね。

【APEX】グリッチ行為の歴史

これまでのAPEXグリッチ歴史を簡単に振り返ってみましょう。

season7:レプリケーターを使ったDDoS攻撃が動画で拡散され悪用するプレイヤーが多発、その後レプリケーターを運営が一時的に削除し対応。

season8:起爆ホールドを利用し、特定の動作をすることでサーバーをクラッシュさせるDDoS攻撃が多発、運営はスプリット1の内に対策出来ず、結果からしてランクマッチは暗黒時代となった。

season9:現在内容は浮彫になっていないがDDoS攻撃は現在でも続いている模様。運営はDDoS攻撃が行われたサーバーをリセットし「ランクマッチでのRP減算免除」「キル数カウント無効化」などの対策を行ったが、海外では対策後もDDoS攻撃をされたにも関わらずRP減算されたなど報告があった模様。DDoS攻撃を無効化するDDoS攻撃が存在するとも噂されている。

今まではチートソフトを使ったPCでのDDoS攻撃が主流だったのですが、クロスプレイが発展しソフトを使わなくともある特定のグリッチ行為をすることで、サーバーをダウンさせ敵を一方的に狩る行為などが出来る様です。

とまあ、運営とグリッチ利用者はいたちごっこをしている訳です。

potato
potato

いつの時代も小さなバグを見つける天才っているんだね。ある意味尊敬するよ。

各グリッチの内容と対策について

グリッチ行為は今後様々な展開が予想されるため、すべて書き出すことはできませんがこれまで行われてきたグリッチに対しての内容や対策については覚えて置いて損は無いと思いますので知識として頭に入れて置きたいと思います。

グリッチ行為の種類

  • 鯖落ちグリッチ
  • 初心者サーバーグリッチ

※随時分かり次第更新予定

potato
potato

グリッチ行為は悪質な行動なのでやり方については言及しませんよ~。

ちなみに垢BAN対象になりますので気を付けてね。

鯖落ちグリッチ

鯖落ちグリッチとは、意図的にサーバーをダウンさせ自分以外のプレイヤーを狩る行為の事です。

マッチング中に「サーバーから切断されました」となった経験がある方も居るのでは無いでしょうか?この時EAサーバーは落ちていないのにマッチから切断された場合はこの鯖落ちグリッチが行われている可能性も考えられます。

単にサーバーとの接続が不安定で落とされた可能性もありますがその真偽は定かではありません。

もしも、ランクマッチ中でサーバー接続から切断され、戻ったらRPが減っていたという現象が起きた場合はすぐに運営に状況説明することをお勧めします。

現在では基本的に「鯖落ちグリッチ」が利用されたマッチに関しては無効免除とされているので「RP減算は行われません」明らかに挙動がおかしい時は疑いましょう。

ちなみに主な対策は「運営に報告」です。

potato
potato

鯖落ちグリッチを利用すれば爪痕・ダブハンは簡単かもしれませんが実力が伴って居ないバッチなど持っていても価値は無いでしょう。

巻き込まれた人はゲームがつまらなくなっちゃうからもし興味本位で実践しようとしている人はやめようね。

初心者サーバーグリッチ

意図的に初心者サーバーに入るグリッチです。

APEXではSBMM(スキルマッチ)が採用されていると噂されています。

SBMMは直近の戦績からマッチングするサーバーが選ばれる仕様ですので、基本的に強い人は強い人同士でマッチし、初心者は初心者同士でマッチするように出来ているはずです。(APEX公式がSBMMを採用しているか否かは言及していませんが、これまでの経緯や情報から採用していると判断しています)

ですがサブ垢などでは無く、明らかなに強い人が意図的に初心者サーバーに入ってくるグリッチが存在し、それが初心者サーバーグリッチです。

自身は初心者なのになぜプレデターと同じマッチに?となった時は疑った方が良いでしょう。

ちなみに現状対策はありません。サブ垢ならスマーフィング報告があるのでそれで対応可能ではあるのですが・・・

potato
potato

まあ初心者を狩って何が楽しいのか分からないけど、中には初心者サーバーに入りたいと言う人もいるよね。

まあ、運営の指針に背く行為は今後罰せられる可能性があるのでやめてね。

【まとめ】グリッチを利用したDDos攻撃はBAN対象です

多分これからもグリッチに関する情報は運営がどうにかしない限り増える事が予想されます。

その時、グリッチ行為の内容を知ってしまい興味本位で行動しようしたら一度考え直しましょう。

グリッチ行為を利用したDDoS攻撃はアカウントBAN対象ですし、もしそれが「企業に向けた金銭的損失」を伴う場合は最悪の場合、警察のお世話になる可能性もあります。

DDoS攻撃は一種のサイバー攻撃と一緒ですので、知らなかったでは済まされないのがこの世界のルールですよ。

potato
potato

PS4・5、switch、xbox、pcと様々なプラットフォームでプレイできるのは魅力的だけど、不正行為に関して知識のない人がどうにかなってしまわないか心配でもあるよね。

「情弱は罪である」は的確な今後の格言となりそうだ。APEX運営頑張れw

コメント