【非推奨】APEXのサブ垢の作り方と2つのデメリットを紹介!

ApexLegends
potato
potato

サブ垢、僕は作らない派だけど「作りたい」と言う需要もちらほら聞くので、作る際の注意点や実際の作り方について解説してみたいと思います。

サブ垢、その名の通り「サブのアカウント」の事でゲーマーでは無くても作ったことあるよ!って言う方も多いのでは無いでしょうか?

別垢って言い方をすることもありますよね!

サブ垢を作る理由は人それぞれかなって思います。

例えば・・・

【apex】サブ垢を作る理由

  • 友人とランク差があり一緒に遊びたい時
  • 友人にバレない様プレイしたい時
  • 何となく作ってみたい(余りお勧めはしない)
  • スキルマッチに疲れた、初心者サーバーに入りたい(注意)

ですが「どの様に作ればよいのだろう?」「作った後のデメリットってあるのかな?」など作り方から作った後の注意点などを解説して行きたいと思います!

まず始めに作り方について説明して行きます。

それぞれのプラットフォームで若干違いますのでまずはPC版からです。

スポンサーリンク

【EAアカウント作成】サブ垢を作る前の予備知識について

まずoriginやsteamでアカウントを作るには、アカウントの大元「EAアカウント」を作ると言うのが大前提となります。

簡単に言えばEAアカウントの分だけサブ垢が作れます。

逆にEAアカウント1つの場合、そこからサブ垢を複数作る事は出来ません。

あくまで「EAアカウント1つに対し、プレイアカウント1つ」と言う考えです。

この仕様はPC版だけでは無く、SP4・5、switchなど全てに言える事ですので覚えて置きましょう!

念のため、EAアカウントの作り方手順を載せておきます。

EAアカウント作り方手順

  1. ページを開いたら左上の「サインアップ」をクリック
  2. メールアドレス入力(重複不可)
  3. ID・パスワード・秘密の質問・生年月日を入力し「同意」
  4. EAアカウント作成完了後、ログイン

EAアカウントの公式サイトはこちらから。

potato
potato

大企業(EAアカウント)、その子会社(origin、steam)みたいな関係だなw

ちなみに後で説明しますがEAサブアカウントは削除が大変なのでお勧めしません。気になる方は最後までご覧頂いた上で作るようにしましょう!

【PC版】APEXのサブ垢をoriginとsteamで作る方法

サブ垢用の新しい「EAアカウント」を準備したら、次は各種ゲームで利用する「origin」「steam」と連携します(いわゆる紐づけ)

steam版は新しいアカウントを作成する必要があり、origin版はログアウト後、新しく作成したアカウントでログインすることで紐づけが出来ます。

若干違いがあるのでそれぞれ分けて説明します。

【紐づけ】steamでAPEXをプレイする場合

紐づけ手順(steam)

steam版でAPEXをプレイしている場合

  1. steamをログアウト
  2. 新しくsteamのアカウントを作成
  3. 作成後APEXを起動し「Register」をクリック

■steam版以外でAPEXをプレイしている場合

  • 上記の手順2から順番に行うことで紐づけ完了

【紐づけ】originでAPEXをプレイする場合

紐づけ手順(origin)

  1. originをログアウト
  2. ログアウト後「アカウント作成」をクリック
  3. 新しく作ったEAアカウント内容入力で紐づけで完了
potato
potato

特に難しくは無いかな?

登録メールアドレスパスワードだけはしっかりと管理して置きましょう!

PS4でサブ垢を作る方法

SP4でサブ垢を作る手順

  1. 電源ボタンを押す
  2. 「ユーザー切り替え」を押す
  3. 「新しいユーザー」を押す
  4. 「ユーザーを作成する」を押す
  5. サインインの下にある「アカウント作成」を押す
  6. 個人の情報を入力
  7. 「Eメール」「パスワード」を入力(gmailが必要)
  8. 「オンラインID」を入力、キャラ名になるので適当はナンセンス
  9. 「同意」➡「メール確認」➡「確認」で終了

後は「新規作成したユーザー」でゲーム起動後、サブ垢用のEAアカウントを入力し、紐づけをすれば完了です!

PS4の場合はゲームを始めた段階でEAアカウントの情報入力が出てくるので、必要に応じて情報を入力して頂ければサブ垢でゲームが出来ます。

switchの場合は「設定」➡「ユーザー」➡「ユーザーの追加」の手順で出来るらしいんだけど、僕は持っていないのでまとめサイトとかで検索することをお勧めします。

ただ、基本的に「EAアカウント」の作成を行っておけば、サブ垢を作成する手順はどのプラットフォームも考え方は一緒だと思うので難しく考えずやってみると良いですね!

potato
potato

とは言え、登録手順って結構めんどくさいね。

PC版ゲームの再ダウンロードは必要?

サブ垢でoriginやsteamでログインした際、ゲームを起動しようとすると「ダウンロード」の指示が出てきます。

この時ですが「既にダウンロード済み」の場合、再度ダウンロードする必要性はありません。

新しく作ったEAアカウントでログイン後、originやsteamのストアから「APEX」を選択し「ライブラリに追加」を行うことで、問題無く遊ぶことが出来ます。

potato
potato

とまあ、ここまではサブ垢の作り方についてでした!

【サブ垢作成後】PC版でゲームが出来ないのはEAアカウントの有効化が上手く出来ていない時

「よし!サブ垢作成完了!早速ゲームを始めるぞ!」と意気込むや否や「有効化(アクティベート)して下さい」と表示されゲームが出来ない事もあります。

この時、考えられるのが「EAアカウントの有効化(アクティベート)」が上手く出来てない場合です。

あらかじめサブ垢用に作成したEAアカウントですが、登録先のメールボックスに届いている「セキュリティーコード」を入力していない場合、まだそのEAアカウントは使えませんので必ずセキュリティーコードを入力し有効化してからゲームを始めましょう。

potato
potato

セキュリティー関連事項だから有効化しないとゲームは出来ません。

【注意点】サブ垢を作る事のデメリットを2つ紹介

サブ垢はあれば便利だけどデメリットもあるのをご存じでしたでしょうか?

今回はそのデメリットを2つ程紹介したいと思います。

サブ垢のデメリット

  • BANの可能性
  • EAアカウントの削除が大変

これらについて解説してみたいと思います。

しっかりとデメリットを認識してからサブ垢を作るようにしましょう!

スマーフ行為と認識されればBANの対象になる事も?

スマーフとは簡単に言うと「上級者による初心者狩り」と認識すると分かりやすいかもしれません。

現在のAPEXではSMBB(スキルベースマッチメイキング)が採用され、ある程度同じ実力の者同士がマッチングするようになっています。

今やどのゲームもSMBBが採用され、皆が楽しく健全にゲームを出来るように工夫されているのですが、それを逆手に取った初心者狩りが横行しているのも事実です。

例えばメイン垢がプレデターにも関わらず、ブロンズ帯で無双し「俺ツヨツヨマン」みたいな行動をすれば、それはスマーフ行為となる可能性があります。

現状、スマーフ行為は立証の難しさなどの観点からBANになるような事は珍しいのですが、いずれスマーフ行為を取り締まるアプデが来ることも予想できます。

その時に困ってくるのが次に説明する「EAアカウントの削除」です。

EAアカウントの削除が大変?消す項目が見つからない

スマーフ行為がBAN対象となる時が来た場合、最悪本アカまで被害が出る事が予想出来ますので、急いでサブ垢の「EAアカウントを削除しよう!」と考えるかもしれませんが、そうは問屋が降りません。

EAアカウント公式サイトを確認した際、「EAアカウントの削除」と言う項目が無いと言う鬼畜仕様です。

特に課金もせずのんびりとプレイしているだけの本垢であれば良いですが、僕のように鬼のように課金しているアカウントがBANでもされた日には「もう、APEX辞めよ」っと思うはずです。

実際にEAアカウント削除は「問い合わせ」からでしか削除ができない様なのでもし削除を希望する方は今のうちに消して置いた方が無難かもしれません。

potato
potato

まあ、この辺の考え方も人それぞれなのでしっかりと理解した上でサブ垢は作りましょう!

【まとめ】サブ垢作成は自己責任!

僕もサブ垢にはとても興味があり作ってみたい気持ちはあるのですが、やはり赤子の様に大事にプレイしてきた本アカがサブ垢のせいで将来的にBANされてしまう事を考えてしまうと怖くて作らないと言うのが実際の所です。

もちろんあれば便利ですし、きっとBAN以上のメリットがある方は作ってみても良いとは思います。

その辺は自己責任でお願いしますねw

とりあえず、本記事では作り方から今後考えられるデメリットまで流して作成しました!是非参考にしてAPEXを楽しんでいただければと思います。

コメント