Logicool G703hをレビュー!良い点と悪い点をしっかりと解説!

使用商品レビュー
potato
potato

こんにちは!potatoです

今回は今更ながらLogicool G703hを購入したのでレビューしますね。

ワイヤレスでは最強のコスパを誇るLogicool G703h lightspeedを購入したのでレビューして行きます。

FPSゲーマーなら一度は購入検討するゲーミングマウスだと思うので、しっかりと良い点や悪い点を挙げさせて頂きますね。

最初にお伝えして置くとレビュー通り良い商品です。

まだamazonなどでレビューを確認していない方は先に確認してから細かい点などをこの記事で網羅して頂ければと思います。

potato
potato

購入当初、amazon売れ筋ランキング1位だったので興味本位で購入して見ましたw

後はapex最強のRasさんが使用しているマウスと言う点で気になったのは内緒。

スポンサーリンク

Logicool G703hの外観・特徴をレビュー

「Logicool G703h」

モデル番号G703h
サイズ縦126 x 横68 x 高さ43mm
重さ約105.3g(ウエイト込、無しの場合約94.5g)
ワイヤレスLIGHTSPEED技術
センサーHERO 25K(GHUBの更新が必要)         
解像度100~25,000 DPI
USBレポートレート1000 Hz (1ms)
充電技術POWERPLAY

僕が現在使用しているFPS最強マウスと名高い「G PRO Wireless」と同じセンサーを使っているので、ワイヤレスゲーミングマウスとしてはg703hは最強の部類に。(値段もG PRO Wirelessの約半額)

と、コスパは最強ではあるのですが実際に購入してみたので外観や特徴を画像込みで確認して行きましょう!

potato
potato

安さにはきっと裏があるはず。

購入時の外観・特徴について

まずは外観の前に付属品から確認して行きます。

マウス本体、ワイヤレスレシーバー、充電ケーブル、ウエイト(10g)、クイックスタートガイド、保証書、毎度おなじみLogicoolのシールなどが入っていました。

この中でもちょっと嬉しかったのが「ウエイト10g」ですw

この様に背面に着ける事で重さの調整が可能となります!

Logicoolの製品で利用でき、見栄えを変えずに重さのカスタマイズをしたい方などにお勧めですね!

次に色々な角度から見て行きます。

形状は左右非対称で少しぐにゃっとした感じ、サイドボタンはデカくとても押しやすいので「誤クリック防止」につながるかと思います。

potato
potato

FPSで焦る場面など、誤クリックは勝敗に関わってくるので嬉しい仕様だと思います。

そして気になるマウス(ウエイト込み)の重さですが・・・

104.9gでした!(ウエイト込み)

一応製品紹介には105.3gと記載されているのですが微妙に軽くなっている?

まあ0.4gの差は超人じゃないと分からない誤差範囲なのでそっと触れずに置いておきます。

この重さはゲーミングマウスとしては標準~やや重めの設定で、人によっては重く感じてしまうかもしれませんね。自分は体感的に少し重めの印象を受けました!

potato
potato

まあ、ざっくりですが見た目等のレビューをして行きました!

後、ゲーミングマウスなので設定で光らせることが出来ます。

Logicool G703hの良い点と悪い点

購入しようかな?と思ってもやはり迷ってしまいますよね。安心して下さい、僕もその一人ですw

Logicool G703hを実際に購入して良いと思った点や悪いと思った点を僕視点でお伝えして行きますので是非参考にして見て下さい。

なるべく購入後後悔しないようにするために内容をシェアして行きます。

potato
potato

FPS視点での良い点と悪い点を挙げて行きますね。

購入して良かった点について

良かった点

  • フィット感が素晴らしい
  • 安価かつ高性能
  • ボタンが押しやすい
  • 充電・バッテリー持続

個人的にこの4つが良かった点かなと思います。

フィット感

日本人の手にしっくりくるフィット感、これは間違いなく太鼓判を押せます。

この後「持ち方別の使用感」でも説明するのですが、主に被せ持ちの方は最適なゲーミングマウスです。

ぶっちゃけFPS以外でも気持ちよくマウス操作が出来るのでフィット感は最高!とだけ言っておきますね。

potato
potato

率直な感想として、万人受けするフィット感です。

安価・高性能

発売当初からだいぶ日が経っているのでワイヤレスとしては値段も手ごろかつ高性能なゲーミングマウスです。

性能としてもハイスペックで「HEROセンサー25K」「1msの超高速レポートレート」とワイヤレスらしからぬ性能に少しびっくり。

精度も良く、約2か月間使用していますがフリック・トラッキングAIM時もしっかりと反応し不具合に関しては皆無です。

現在では様々なマウスが登場していますがプロも愛用し、現役で活躍できるマウスなので個人的にその点は超お勧め出来ます。

potato
potato

僕が購入した時の値段は7900円でしたので、販売当初と比べると3000円くらい安くなったのかな。

ボタンが押しやすい

FPSゲームをする際、サイドやホイールにボタン割り当てをしている方も多いですよね。

僕もサイドやホイールボタンはゲームプレイ上、扱いやすい部分でもあるので割り当てしプレイしています。

そこでFPSゲーマーとして気になるのがサイドボタン・ホイールの動かしやすさ・クリックの硬さです。

最近まで利用していたGpro hero(有線)と比べてもかなり押しやすく、かつホイールに関しては滑らかだと思いました。

音も静音ですべてのクリックがしやすい点はかなり良い感じに仕上がったマウスだと思います。

potato
potato

FPSゲーマーにとってボタンの使用感はとても重要だよね。

充電・バッテリー時間

そしてワイヤレスマウスとして気になる点でもある「充電時間」「バッテリー持ち時間」ですよね。

LED使用時であれば約35時間、LED未使用で約60時間の連続使用が可能。

また、充電速度も申し分なく5分充電すれば最大で2.8時間使うことが出来ます。

ぶっちゃけ個人的には充分すぎる内容ですw

とは言え、バッテリーが劣化すればその分長持ちする時間は減ってくることは分かっていますので今後どのような経過を辿っていくのか観察しつつ追記できればと思います。

potato
potato

とは言え「2021.8月現在」7000円台で購入できるので、バッテリー劣化したらそのまま全買い替えかな。当分有り得ない話だけどw

次に悪かった点を細かくお伝えしますね!

後悔しない為にもしっかりと確認して頂けると幸いです。

購入して悪かった点について

悪かった点

  • 少し重い
  • つかみ・つまみ持ちには微妙

これは個人的に悪いと感じた点ですので参考にしていただければ幸いです。

一つずつしっかりと確認して行きましょう!

重量に関して

重量は本体とウエイトを合わせて105.3gです。(ウエイト無しで約94.5g)

元々「gpro hero(有線)83g」を使っていた事も有り、体感ですが比較的重いかなと感じました。

この重さ、最近のゲーミングマウスとしては平均的と言えるのですが、現状最強ゲーミングマウスと名高い「G PRO X SUPERLIGHT」の63gと比べると数字的に重いと感じてしまいますね。

とは言え、重量は軽ければ良い!と言う訳では無く、ある程度重量はあったほうがAIMが安定したりすることもあるので使ってみないと分からないと言うのが率直な意見です。

他のreviewを確認してみると圧倒的高評価ですので、今自分が使っているマウス(使い慣れているマウス)の重さがどの程度か?を確認してみると良い指標になるかと思います!

potato
potato

重さを重視している方はしっかりと確認して置きたいポイントですね!

僕が購入した時はウエイトも付いて来たので、付け外しして重さを調整出来ます。

普段から「つかみ・つまみ持ち」ならあえて選ぶ必要は無い?

普段のマウスの持ち方が「つまみ」もしくは「つかみ」であるなら、あえてLogicool G703hを選ぶ必要は無いのかなと思います。

基本的につかみやつまみ持ちの方に被せ持ちの際のフィット感は必要無く、つまみ持ちにはほかにも良い選択肢が沢山あるので、そういった意味であえて選ぶ必要は無いのかなと感じました!

とは言え「コスパの良いワイヤレスゲーミングマウス」と言う点だけピックアップすれば最強だと思うので、少しでも良いと感じたのであれば後悔率は低いのでお勧めです。

potato
potato

この後「かぶせ持ち」「つかみ持ち」「つまみ持ち」をそれぞれ簡単にレビューしますね。

Logicool G703hの持ち方別の使用感

写真付きで持ち方別にレビューして行きます。

potato
potato

持ち方によっては合う人合わない人居ますので参考にして見て下さいね!

ちなみに僕の手のサイズは19.5cmです。

つまみ持ちはやはり微妙

結論ですがつまみ持ち信者の方にはやはり厳しいマウスだと感じました。

僕自身の手のサイズが19.5cmとかなり大きいマリオみたいな手をしているのですが、それでもつまみ持ちは厳しいと感じましたw

それと、何と言っても重さが気になります。

最近のゲーミングマウスにしては比較的標準よりやや重めですので、つまみ持ちの様な指先でマウスを扱う際は更に重く感じてしまうかもしれません。

後はつまみ持ちの場合、サイドボタンが押しにくくなってしまう可能性が考えられるので気を付けなければならない点かなと思います。

もしLogicool G703hに乗り換える際は「つかみ持ちor被せ持ち」になることを前提に購入すると良いでしょう。

potato
potato

手がデカい僕でもつまみは厳しいと感じました!

つまみ持ちマウスを検討されている方は止めておいた方が無難かと思います。

つかみ持ちはまあまあな使用感!

見出し通り「まあまあな使用感」ですw

可も無く不可も無くと言った感じの使用感でした。

特別サイドボタンが押しにくい・マウス自体つかみにくいとかは無く、むしろグリップがしっかりとしているのでつかみやすくマウスが安定しますね。

とは言え僕のマリオの様な手での感想ですので、手の小さい方はつかみにくいと感じてしまうかもしれませんので注意して下さいw

被せ持ち信者なら完璧な使用感

やはり使ってみて感じるのは他のレビュー通り「被せ持ちに最適なんだな」と思います。

サイドボタンの押しやすさ・クリックのしやすさ・マウスの安定感・フィット感など全てにおいて良いです。

うん、とても良いと思います。(何故言い直したのかは不明)

形状が左右対称では無く、少しぐにゃっとしているのでそれがフィット感を高めているのでしょうね。

むしろ、僕は普段つかみ持ちなのですが、このマウスを使う時だけ自然と「かぶせ持ち」になってしまうほど手に馴染みます。

頭の中では「俺はつかみ持ち、俺はつかみ持ち」と念仏のように唱えていても、勝手に手が被せ持ちに切り替わってしまう点、良いと言っていいのか悪いと言って良いのかわかりませんが、一つ言える事は「かぶせ持ちに適している」と言う点は揺るがない事実だと思いますw

potato
potato

自然と被せ持ちになってしまうほど引き込まれます。

なので普段から被せ持ちなら「最高!」と言っても過言ではないです。

【結論】どの様な方にLogicool G703hは向いているのか

G703hが向いている人

  • 被せ持ちの人
  • 手が大きいならつかみ持ちもOK
  • 重さが気にならない人
  • プロも使用しているコスパの良いワイヤレスマウスが欲しい人

結論としてはこんな感じにまとめました!

左右対称では無い点や重さが気になる所ではありますが、慣れてしまえばなんてことない問題かなとも思います。

一つ注意するとすれば持ち方のみ!

かぶせ持ちユーザーの方、これからかぶせ持ちにシフトチェンジを考えている方は是非使用して見て下さいね。

コメント