【APEX】リロードで差を付ける!高速化・キャンセルのやり方とは?基礎から応用まで解説

ApexLegends
potato
potato

Apex民の皆様こんにちは!potatoです

今回のタイトルは「リロードでライバルと差を付ける!」

そんな内容をこまごまと説明して行きたいと思います。

知っている方の場合は余り参考にはならない気がしますが「知らなかった」と言う人の場合、かなり実戦的で活かせるスキルですので是非覚えて置きましょう。

もちろん知っている方は「焦り・てんぱった時」でもしっかりとプレイ出来るように練習して頂ければと思います。

まずはリロードの基礎からお伝えして行きますので知っている方でも軽くおさらいして見て下さいね。

この記事でお伝えする事

  • リロードの基礎知識
  • ダメなリロード方法
  • 実戦で活かせるリロード方法

スポンサーリンク

【APEX基礎】高速リロードやアタッチメントの効果について

リロードが速くなる方法としては2種類存在します。

それが「残り残数によって変わるリロード時間」「アタッチメント効果によるリロード時間」です。

基本的にリロードは早ければ早いに越したことはありませんし、リロード中は「僕は反撃しませんよ!好きなだけ撃って下さい」と言って居る時間でもあります。

嫌ですよね、一方的に撃たれるのって。

とりあえず頭に入れて置くだけでも戦い方は変わってきますので覚えて置くのがおすすめです。

それぞれ軽く説明して行きます。

高速リロード方法

高速リロード方法

  • 残り残数0の時 ➡ 遅い
  • 残り残数1以上の時 ➡ 速い

※武器毎に違いがあるので注意しましょう

これは知っている方も多いかと思いますが、武器の残り残数によってリロード時間が変わってきます。

0か1かの違いですので最低でも1発残してからリロードすると高速でリロードしてくれるので覚えて置きましょう。

ちなみに武器毎に差があるので、訓練所で色々試して見て下さい。

実際は1秒とか短縮される訳ではありませんが、APEXは展開も早く1コンマを争う戦いも頻発しますのでしっかりと意識して見てることをおすすめします。

ここで大切なことは、状況によって「打ち切る前にリロードを挟む」これだけです。

potato
potato

僕はソロでダイヤ帯ですが意外と出来ていない方も見かけたりしますので、常に意識してプレイして見ましょう。

時と場合によりますが基本的に打ち切るよりも残す方がおすすめです。

アタッチメント「標準ストック」でリロードが速くなる

これはAPEXをある程度プレイしている方の場合、知らない人の方が少ない内容ではあるのですが念のためお伝えして置きたい内容です。

標準ストックを付けるだけで「リロード時間」「反動抑制」「武器チェン」が速くなります。

武器によっては標準ストックが付けれる物が存在する訳ですが、もし普段から「面倒くさくて付けてないよ!」と言う方はマジで付けた方が良いアタッチメントです。

ぶっちゃけ拡張マガジンよりこちらを優先して付けるべきと思う事も多々ありますし、標準ストックに助けられた場面も沢山あります。

標準ストック自体、地味な存在ではありますが「縁の下の力持ち」の様なアタッチメントですのでしっかりと覚えて置きましょう。

リロード時に一番やってはいけない事

リロード時で一番やってはいけない方法があり、それが止まったままリロードする方法です。

平地で突っ立ってリロードするのは勿論ですが、例え遮蔽物があろうとも多少なりとも動きながらリロードするように心掛けましょう。(下手するとクレーバーで抜かれます)

初心者の内は仕方がありませんがほんの少し意識することで改善できる項目です。

左右に動くだけでもOKですが、慣れてきたら「ジャンプ・しゃがみ」を交えながらリロード出来るようになると生存率も高くなりますよ!

potato
potato

動いていない敵程おいしいものは無いよね。

APEXで活かせるリロード方法「スライディング・キャンセル」について

リロードの基礎は頭に刻みましたでしょうか? OKですね!

では実戦的リロード方法についてお伝えして行きます。

これから説明する内容を覚え、練習するだけで初心者の方は飛躍的に生存率も上がりますしキル率も上がるかもしれません。

それが「スライディングを応用したリロード方法」「武器リロードのキャンセル方法」です。

それぞれのやり方や「なぜそのリロードをした方が良いのか?」について理由を付けて解説して行きます。

スライディングリロードのやり方

その名の通りスライディングをしながらリロードする方法です。

やり方は簡単で、リロード時に「前方・後方・左・右」に移動しながらジャンプ後スライディングするだけです。

ちなみにダッシュする必要はありません。その場で歩きながらジャンプし、着地と同時にしゃがむとスライディングになります。

個人的には横スライディング(横スラ)がお勧めです。

簡単ですが練習しないと実戦では活かせませんのでしっかりと動きを体に刻みましょう。

コツとしては横に移動しながらジャンプし、着地後にしゃがみボタンを押す!これだけです。

この方法、実は平地などの何も遮蔽物が無い状況だと一番効果的に被弾を防ぎながらリロード出来る最高峰かと思って居ます。

ジャンプスライディングのメリット

・ヘッショ(頭)ポイントがずれる

・移動が速いので被弾しにくい

一番のメリットはジャンプをするのでヘッドショットを受けにくくなる点・リロード時の動きの制限が無くなる所にあります。

遮蔽物が無い場合などに活用して見て下さいね。

potato
potato

個人的には基本動作として身に着けた方が良い項目です。

レレレ補充でもOKですが組み合わせると更に最強かと思います。

武器のリロードキャンセル・タイミングについて

通称リロキャンと言われていますが現在利用できるリロードキャンセルについてお伝えして行きます。

尚、このリロキャンは仕様の変更等によって出来たり出来なかったりするので訓練所で確認しつつ使ってみて下さい。

まず、キャンセル方法ですがタイミングが結構シビアです。

リロード中は弾の残数が一時的に0になります。

リロード後、タイミング良く武器チェンジをすることで次回使用時に無駄な動作を挟まず速攻で弾を打てるようになります。

このタイミングを掴むコツですが、基本的には目視でリロードの弾数が溜まった段階で武器チェンをするのも一つの手ですが、武器毎に音で判断するのも一つの指標となります。

本当に体感で何となく分かるか分からないか程度のリロキャンですが重要な項目だと思います。

なぜ重要なのか?そのメリットについて少しだけ深掘りします。

武器チェンによるリロキャンを練習するメリット

武器チェンリロキャンのメリット

  • 武器切り替えの際に困らない

APEXあるあるなのですが「戦闘中に武器チェンをしたら弾が無かった」「中途半端にリロード武器チェンした為モーションを挟んでしまって弾が打てなかった」など経験ある方も多い事でしょう。

基本的な動作ほど完璧にできる人はAPEXでは強くなれますし有利な状況で戦うことが出来ます。

基礎あっての応用ですよね。

ですのでしっかりとリロードの知識を培い、タイミング等は訓練所で練習をし実戦に活かせるよう努力して見ましょう!きっと報われる日が来ます。

APEXはリロードを極めると更に飛躍する可能性あり

リロードに限る話ではありませんが、基本動作をしっかりと体に刻むことでAPEXは更に強くなれると思います。

基本動作が完璧なプレイヤーは見ていて美しいですし、一つ一つの動作に一切の無駄が無いので強いです。

個人的に見ていて感動すら覚える動きが出来る日本人ユーチューバーとしてNIRUさんがとても参考になりますので、是非見たこと無い方は確認して見て下さい。

コメント