【FPS講座】マウスの持ち方の種類・特徴を分かりやすく解説!貴方はどれに当てはまる?

FPS講座
potato
potato

こんにちは!

FPS歴10年overのおっさんゲーマーpotatoです。

皆様マウスはどの様な持ち方をしていますか?

FPSゲームをプレイしている人あるあるなのですが「新しいマウスにしたらAIMガバガバになった」「なんかしっくりこない」「どの持ち方が一番強いの?」など、FPSをやればやる程この課題は付きまとって来る物ですよね。

「ある程度強くなりたい」と言う意思のある方は特にその傾向が強いことかと思います。

そこで本記事では以下の内容をまとめて置きました。

本記事の内容

  • マウスの持ち方の種類と特徴
  • マウスはどの持ち方が良いのか?
  • 自分のデスク環境によって持ち方は制限される?その理由について
  • 有名FPSプレイヤーはどの持ち方なの?(参考)

これら知ることで「自分に合うマウスはどれなのか?」など、今後マウス購入を検討する際に大きく役立てるかと思いますので是非参考にして見て下さいね。

potato
potato

マウスはテニスで言うラケットの様な物。

僕は元々テニス部だったんだけど、やっぱりラケットは選びは大事よね。

ちなみにラケットはbabolatのピュアドライブを使って居ました。興味なくて草

スポンサーリンク

【FPS】マウスの持ち方の種類や特徴について解説!貴方はどのタイプ?

まずは大まかに3種類ある持ち方について解説して行きます。

マウスの持ち方3種類

  • 被せ持ち
  • つかみ持ち
  • つまみ持ち

それぞれ区分けして特徴とメリットやデメリットについてお話して行きたいと思います。

potato
potato

それぞれの持ち方・メリットやデメリットをお伝えして行きます。

尚、FPS視点でのメリデリですので普段使いとは異なります。

被せ持ちとは?FPSゲーマーなら一度は試して見たい持ち方

被せ持ちとは、マウス全体を覆い隠す様にべったり持つ事です。

当てはまる方も多いのでは無いでしょうか?それだけお勧めな持ち方として挙げられていますよね。

てのひらとマウスの接触面積が一番広いのが特徴の一つとなります。

メリットとデメリットに関して分かりやすく下記表にまとめましたので参照下さい。

メリット
  • 肘AIMにより安定感◎
  • マウスパッドとの接触面が少ない
  • ローセンシの方に最適
デメリット
  • 手首での微調整が困難
  • クリックが他と比べしづらい
  • 最適なマウスと出会う確率が低い

被せ持ちの大きなメリットはAIMの起点を「肘・腕・肩」にすることで安定感が生まれる所で、ローセンシ(低感度)にお勧めの持ち方であると言えます。安定したAIM力は強さに比例しますからね。

逆に手首AIMの人は「手首の微調整が困難」なので被せ持ちは余りお勧めできない持ち方と言えるでしょう。

また、被せ持ちはマウスの大きさや形状がダイレクトに影響するので、自分の手にフィットする物を選ぶのが難しいという所でしょうね。

potato
potato

一般的には手首より上でAIM調整する人にとっては最適の持ち方だということですね。

FPSゲームによって「追いAIM」「フリックAIM」どちらが重要なのかによっても変わってきますので自身のゲームがどちらなのか?ゲームの特性を知る事も大切ですよ!

つかみ持ちとは?僕も長年この持ち方でプレイしています

掴み持ちとは、被せと掴みの中間に位置する持ち方で僕も長年この持ち方でゲームをしています。

マウスとの接触面は「指先5本」「てのひらの下部周辺」となります。

メリット
  • 手首の微調整◎
  • AIMの安定感〇
  • マウス選び〇
  • クリックのしやすさ◎
デメリット
  • 特に無し

ローセンシからハイセンシまで対応できる万能型の持ち方で、慣れてしまえば安定したマウスコントロールが可能です。

特に手首でのAIM微調整が出来るのが大きなメリットです。

デメリットに「特に無し」と記載しましたが、逆に抜き出る項目も少ないスタンダードな持ち方ともいえるので人によってはそれがデメリットであると考える場合もありますかね。

マウス選びに関しては「重さ」「サイズ」に注意して頂ければ大抵のマウスで使えるのでFPS初心者であればお勧めの持ち方となります。

potato
potato

他の持ち方と比べ、バランスの良い持ち方!

僕は手首でのAIM微調整も多用するので掴み持ちで落ち着いています。

つまみ持ちとは?

つまみ持ちとは、指先だけでマウスコントロールをする持ち方です。

マウスとの接触面は指先のみで、見栄えは微妙カモしれませんが実は強いプレイヤーもこの持ち方をしている人は多いようです。

メリット
  • ハイセンシに最適◎
  • 手首AIM◎
  • クリック連打◎
デメリット
  • 安定感△
  • マウスの選択肢△
  • クリックのしやすさ△

主にハイセンシプレイヤーに多い持ち方でほぼ指先だけでマウスを扱う為、他の持ち方と比べると安定感が損なわれます。

損なわれますが指先での繊細なマウスコントロールが得意な人はお勧めな持ち方とも言えますね。

クリックはしやすさは人によって多少やり方が変わるため「厳密に良くない」とは言えませんがマウスとの接触面が少ないことからクリックしにくいと感じてしまう事が多いかと思います。

とは言え、クリック連打に関しては最強ですので単発武器を最速で撃つ際はこのつかみ持ちは良いとも言えますね(連射時のAIMは別として)

potato
potato

指先で繊細なAIMを実現出来る方はお勧めの持ち方と言えるでしょう。

ちなみに僕も試して見ましたがAIMがガバガバになったのでやめました。

結局の所、どの持ち方が強いの?

ここまで持ち方のメリットやデメリットについて解説しましたが、結論として「持ち方で強くなるとうことは無い」というのが実際の所です。

重要なのは「自分はどの持ち方が合っているのか?」をしっかりと認識し、同じマウスで反復練習することが大切であると僕は思います。

もし、強い持ち方が存在するのであれば世の中のプロゲーマーは皆その持ち方でプレイしますよねw

人によってリスト(手首)の強さや指先の繊細さ、腕の筋肉量など全く違いますし、手の大きさや指の長さも大きく関わってくることでしょう。(個々によって様々だから色々なマウスがあると言えば納得できるかと思います)

ですのでまずは自分を知り、マウスについての知識を深める所から始めてみるのが良いと思います。

potato
potato

プロは筆を選ばずと言うけどマウスはきちんと選んでみましょう!

適性のあるマウスだとマジで強くなれます。

デスク環境によって持ち方は制限される?

マウスの持ち方は自身のデスク環境に左右されることをご存じでしたでしょうか。

今現在の自分のデスク環境を確認して見ましょう。

デスク環境の確認ポイント

  • マウス移動幅はどの程度確保されているのか?
  • 椅子に座っているのか?否か?

実はこの二つとても重要で、fpsゲームで遊んでいる方の中には狭い空間でプレイしている方も居るでしょうし椅子では無く寝ながらプレイしている方も居るかもしれません。

これらが当てはまる人は手首で微調整するのが難しい「被せ持ちに適したマウス」は余りお勧めできないと思います(実際に体験済み)

物理的に移動幅が制限されている為、安易にお勧めのゲーミングマウスで購入するのはナンセンス!しっかりと自分のデスク環境を確認してからマウスを選ぶことをお勧めします。

potato
potato

次の章で実際につかみ持ちから被せ持ちに変えてみた失敗した実体験をお伝えします。

【実体験】つかみ持ちから被せ持ちに変えて失敗

一時期、スランプに陥った時AIMが安定する「被せ持ち」を実践しようとして爆死した経験があります。

被せは前述でお話した通り肘AIMにより安定したAIMを実現できると思ったからです。

その時購入したのが被せ持ちでお勧めだった「Logicool G703 lightspeed wireless」で、実際にコスパも良く性能もピカイチな為愛用者が数多くいます。

画像は僕のソフトウエアの写真念のため証拠として

実際に購入し使ってみた感想ですが、被せ持ちなら完璧なマウスで、トラッキング性能やボタンの押しやすさ、被せやすいデザインなどを甘味してもレビュー通りとても良い商品だと思います。別につかみ持ちに適していない訳ではありません。

ただ、僕は長年つかみ持ちかつ手首AIMプレイヤーだったこともあり、残念ながらG703は合いませんでした、現在では仕事用のみに利用しています。(ゲーム用に買ったのにねw)

結局、初心に戻り「GPRO hero」でプレイしている訳ですが、今回の様に安易におすすめマウスを購入するのは危険であると勉強になったという一例です。(スランプは抜け出しました!祝)

ちなみに僕の場合、FPSを始めてプレイしたのが今は無き(サドンアタック)と言うゲームなのですが、とりあえずマウスの動かす幅が狭く、机も小学校の机と変わらないサイズでしたので手首でプレイすることが主流となっていた事も関係があるでしょう。

ですので、長年その持ち方でプレイしてきた人は持ち方を変えず、自分に適したマウスを探すのが最善であると言えるでしょう。

potato
potato

グダグダ感想を書いて内容がパッとしないのでまとめますw

お勧めの商品を選ぶのではなく、自分の環境に合わせた商品を選ぶ事

長年掴み持ちでプレイしているなら変えない方が良いと思う(主観)

有名FPSゲーマーの持ち方を確認してみた

これまで話した内容から結局「どの持ち方が良いのか?」と言うは、知れば知る程分からなくなるもの実際の所ですよね。

ある程度、デスク環境が整っているのであればどの持ち方をすることも可能だと思いますので実際にFPSプレイヤーで有名所の選手を紹介しつつ確認して見ましょう。

これを期に自分に合った持ち方を知るきっかけにもなるかもしれませんので。

プロゲーマーと言うよりストリーマー部門での紹介となります。

stylish noob(通称:スタヌー)さんの持ち方

FPSゲーマーなら知る人ぞ知る有名人「スタイリッシュヌーブ」さんの持ち方ですが残念ながら画像や動画がありませんでしたので情報のみの開示です。

スタヌーさんの持ち方はtwitchで見た感じ「掴み~摘み持ち」のように見えますね。

振り向き2cmとの事で、多分ですがハイセンシに適したつかみ持ちだと考えられます。

potato
potato

スタイリッシュヌーブさんは僕がPUBGを始めたきっかけを作ってくれた人です。

面白くて強いプレイヤーですので知らなかった方はググってみて下さい!

釈迦(SHAKA)さんの手元とマウスの持ち方

こちらも動画でのご案内となります。

実際に釈迦さんが手元のマウスについて説明している動画ですので確認して置きましょう。

出典:SHAKAch

本人も「掴み持ち」と断言していますので掴み持ちで間違いありませんね。

経歴等は省きますがSHAKAさんも人気のあるFPSプレイヤーの一人で知る人ぞ知る有名人です。

もちろんFPSの腕はもちろんの事、解説者としても現在では活躍されている方ですね。

これを期に知っていただけるとゲーム人口も増え僕自身、毎日が楽しくなるので是非チェックして置きましょう。

potato
potato

元プロなだけあって説得力があるかと思います。

Selly(セリー)さんの持ち方

こちらもAPEXで超有名なプレイヤーのSellyさん。

被せ持ちのプレイヤー代表として今回はピックアップさせて頂きました。

出典:selly apex

sellyさんの動画を見ると余りにも奇麗すぎるAIMに感動を覚える人も多いかと思います。

勿論、強さも本物で彼に憧れて被せ持ちにする人も居るかもしれませんね。

これを期にセリーさんを知ってみると更にゲームへの意欲が上がる事間違いないでしょう。

potato
potato

どうやったらこんなきれいなAIM出来るのかは不明。

うらやましい。

【まとめ】最終的判断は己次第!自分を知りマウスの持ち方を選びましょう

如何でしたでしょうか?今回は途中で僕の考え方なども踏まえて「マウスの持ち方」について解説させて頂きました。

色々知ることで「自分はこの持ち方だったのか!」「自分に合った持ち方に出会えた」など新しい発見が沢山あることでしょう。

最後に持ち方の注意点だけまとめて終わりたいと思います。

【注意点】マウスの持ち方

  • 無理に合わせるのでは無く、あくまで自分に適した持ち方を選択
  • 自分を知ることが最優先事項

ご精読ありがとうございました!

コメント